ホーム > 大学紹介 > 沿革

沿革


一人の女性がもやした情熱が今も息づく
長崎女子短期大学

鶴鳴学園の創設者である笠原田鶴子先生は、明治中期、近代国家として発展するわが国において、教育に深い関心を示し、特に女子教育の重要性を痛感。かつて西欧に開かれた唯一の窓口であった長崎の地に、鶴鳴学園の前身である長崎女子学院を設立しました。実社会と時代に対応した有為な女性の育成に努め、社会に貢献せんと教育に情熱を傾けました。その笠原先生の熱い思いは後世に引き継がれ、今もなお建学の精神に息づいています。当時ささやかな技芸塾のような学校は、現在の幼稚園、高等学校、短期大学を併設した総合学園に成長。その中で長崎女子短期大学は設立以来、指導的な女性を育成する実践主義の大学としてたくさんの女性を社会へ送りだしています。創立から百有余年 ――。
伝統と実績は長崎女子短期大学の信頼の証しでもあります。
04_ph01.jpg

明治29年 10月 笠原田鶴子長崎女子学院創立
昭和26年 3月 原田アサ 初代理事長就任
35年 6月 原田鶴代 第2代理事長就任
41年 4月 原田鶴代 第2代理事長鶴鳴女子短期大学設立
41年 4月 原田寅次郎 初代学長に就任
42年 4月 家政科を家政専攻と食物栄養専攻に分離増設
44年 4月 長崎女子短期大学と改称
45年 4月 家政科家政専攻を家政科専攻と被服意匠専攻に分離増設
45年 11月 長岡 達 第2代学長就任
46年 8月 原田延介 第3代理事長就任
48年 4月 幼児教育学科増設
48年 4月 家政科を家政学科と改称
54年 1月 新学生寮(若竹寮)完成
54年 4月 原田慶子 学園長に就任
54年 4月 原田延介 第3代学長に就任
57年 4月 家政学科家政専攻と被服意匠専攻を統合し生活文化専攻設置
60年 4月 長谷川信 第4代学長に就任
63年 4月 家政学科を生活科学科に生活文化専攻を生活情報専攻に改組
平成2年 4月 菊谷元資 第5代学長に就任
7年 4月 中西弘樹 第6代学長に就任
8年 10月 学園創立100周年
12年 4月 田中正明 第7代学長に就任
13年 4月 生活科学科に生活福祉専攻を設置
18年 3月 第三者評価(認証評価)の初年度に「適格」評価
20年 4月 江副 功 第8代学長に就任
22年 4月 生活福祉専攻を介護福祉専攻と改称
23年 4月 生活情報専攻を生活総合ビジネス専攻と改称
25年 3月 (財)短期大学基準協会第三者評価2回目の「適格」認定を受ける
26年 4月 浦川末子  第9代学長に就任
26年 4月 生活科学科を生活創造学科に改称
専攻制をコース制に変更
28年 4月 玉島健二  第10代学長に就任