ホーム > 大学紹介 > 認証評価

認証評価


短期大学第三者評価で「適格」認定

 本学は、一般財団法人短期大学基準協会が定める短期大学評価基準を満たしていることから、平成25年3月14日付で適格と認められました。同協会が定める短期大学評価基準は、「基準I 建学の精神と教育の効果」「基準II 教育課程と学生支援」「基準III 教育資源と財的資源」「基準Ⅳ リーダーシップとガバナンス」の4基準から成り、本学はすべての基準を満たしていると判定されました。また、本学の特に優れた試みとして、以下の通り評価いただきました。


特に優れた試みと評価できる事項

基準Ⅰ 建学の精神と教育の効果

[テーマA 建学の精神]

「建学の精神」、「学訓(教育理念)」、「教育目標」及び「三つの方針」は、体系的かつ具体的に編成・整備されており、「教育システム総覧」をはじめとする各種印刷物やインターネット上に理解しやすく掲載されている。

基準Ⅱ 教育課程と学生支援

[テーマA 教育課程]

幼児教育学科で開発・実施されている学習成果を査定する「教育評価システム」は、レーダーチャートを用いて学生個人の学習状況が一目で分かるようになっており、信頼性が高い。


[テーマB 学生支援]

教員が少人数の学生を担任するチューター制度は、履修支援、学習支援、生活支援、就職支援等のあらゆる学生支援の場で有効に機能し、学習成果の向上に寄与している。チューターと二者面談、三者面談、四者面談の実施は、きめ細かい支援として成果をあげている。

基準Ⅲ 教育資源と財的資源

[テーマA 人的資源]

平成17年度からは、全教職員を対象にFDとSDを融合した形でシンポジウム等を実施している。テーマは「実学系短期大学における教養教育のあり方」や「本学におけるキャリア教育の方向性」等で、学長の司会により各学科専攻からシンポジストの教員が1名ずつ参加している。


 本学では今回の第三者評価の結果を踏まえ、より一層社会に貢献できる短期大学を目指し、更なる向上に努めて参ります。

jaca_mark.gif