ホーム > 受験生の方へ > ガンバレ受験生!就職難に強い女子短へ

ガンバレ受験生!就職難に強い女子短へ

ガンバレ受験生!就職難に強い女子短へ

 本学では開学以来、徹底した学生への就職支援を行っており、毎年ほとんどの学生が取得した免許・資格を活かした就職先に採用されています。 ※詳細はこちら
 本年2月頃より継続する新型コロナウィルス感染症により、社会はかつて経験したことのない大きな変容と動揺を見せています。特に教育現場においては、全国の多くの大学が今なお臨時休校を継続し、遠隔授業が主流となったほか、9月入学の問題まで論じられる事態となりました。また人の流れが極端に制限され、原則として県境を越えての移動が大変難しくなっており、県外への進学先を模索することに躊躇する受験生も少なくはありません。事態の収束は数年先とも言われ、先の見えない不安は増すばかりです。

 一方で社会や経済に目を向けてみれば、コロナショックと言われるように100年に一度の金融・経済危機を迎えており、事態はより一層深刻さを増しています。今後、企業の体力が著しく縮小されることで、来春の採用が大幅に縮小され、その状況が数年に亘り継続することが容易に予想されます。これまで日本経済の好況に後押しされた売り手市場の就職活動が一気に収縮してしまう、就職を希望する高校生や大学生にとっては、受難の年を迎えたと言えます。

 さて本学はそのような状況下においても、不況に負けない学科・コースを有しています。栄養士、保育者、医療事務など、専門的知識と技術に裏打ちされた資格を取得することで、卒業後、地元長崎県への地域貢献者として活躍しています。不安定な社会情勢や経済不況には負けない就職実績を保証しています。

 これから、進路決定に向けた情報収集など大切な時期を迎えます。短期大学で免許・資格を取得することの重要性と、それが皆さんの今後の人生設計において如何に役立つものであるかを、私たちは強く訴えます。

 平日のほか、希望する土曜日には高校生や保護者を対象に「個別相談会」を実施していますので、お気軽にお申し出ください。※申込みはこちら

入試広報室