ホーム > 学科・コース > 生活創造学科 介護福祉士コース > 事例研究

事例研究 生活創造学科 介護福祉士コース

本コースでは、介護の学びの集大成として、「介護実習Ⅱ」で特定の方の介護のあり方を研究・実践し、事例研究として発表します。
この取り組みにより介護の専門職としての観察力、思考力、実践力、介護観を深めます。



事例研究の方法(介護過程の展開)





転倒を予防し安心できる毎日を(平成26年度卒業生の事例研究)
  担当教員 荒木 正平講師

 私が受け持たせていただいた方は、糖尿病、認知症がある方だった。 その方は車椅子から立ち上がる際、ブレーキのかけ忘れ、フットサポートの上げ忘れがあり、立位や移乗の際に転倒の危険があった。 そこで、車椅子の操作を確実にし、安心安全に生活を送っていただきたいと思い個別援助計画を立案し実施した。




介護の実際

介護上の課題(ニーズ)
・車椅子使用時に転倒やケガがないようにすごしたい。
・懐かしい昔の歌をうたい毎日を楽しくすごしたい


目標 援助内容
長期目標 短期目標 サービス内容 頻度
1. 車椅子の操作・白走を確実なものにしたい。
トイレの便器への移乗の際のブレーキのかけ忘れ、フットサポートの上げ忘れをなくしたい 便器の移乗の際に見守りを行い、操作漏れがある場合は声かけを行います。
車椅子で居室からトイレに移動する際の移動経路をその方と一緒に確認します。
車椅子の運転・操作状況を確認し、問題があればアドバイスさせていただきます。
その都度
ブレーキをかけることを意識していただくため、「ブレーキをかけましよう」などの表示をつけたブレーキカバーを作成・使用します。 声かけ、見守りの効果が見られない場合
2. 落ち着いた環境で好きな音楽を聴いたりうたったりしたい。
カラオケで唄うための曲を、一曲うたえるようになりたい。 歌を練習する日の前日に、好きな歌を一緒に選び、どのような方法(アカペラ、手拍子なで)で歌をうたうかについても確認します。 歌実施日前日
一緒に歌をうたいたい人についてその方と一緒に考え、人数を決めます。 歌実施日前日
画用紙にマジックペンで大きく文字を書いた歌詞カードを用意します。(本人の好みをうかがいながら数曲厳選) 歌実施日前日
歌をうたいやすい環境を整えます。(照明、場所など) 2日に1回
実習生と一緒に発声練習(あいうえお・おならうた)をしていただきます。 2日に1回
曲に関する思い出を聞きます。 2日に1回


結果・評価

 安全に生活を送っていただきたいと思い、トイレの便器への移乗の際のブレーキのかけ忘れ、フットサポートの上げ忘れをなくしたいという短期目標を立案した。 15日間で実施した結果、初めは便器への移乗の際、ブレーキをかけられず、フットサポートを上げられずに立たれようとされる姿がよく見られていた。 見守り、声かけを行ったが、ブレーキのかけ忘れ、フットサポートの上げ忘れが繰り返し見られたため、 ブレーキのかけ忘れを無くそうとブレーキカバーを作成することを提案した。 ブレーキカバーの色を選んでいただき[ブレーキをかけましょう。足置きをあげましょう]という表示をつけたカバーをブレーキにつけていただいた。 こうすることで、立位の際にブレーキを認識していただき、トイレでのブレーキのかけ忘れ、フットサポートの上げ忘れを無くすことができた。



考察

 今回受け持たせて頂いた方は、ADL(日常生活動作)もほとんど自立しておられたが、 認知症の症状から、車椅子の操作に不安があり、立位・移乗の場面で転倒のリスクがあった。 車椅子操作を確実に行っていただくため、個別援助計画の短期目標をトイレの便器への移乗の際のブレーキのかけ忘れ、 フットサポートの上げ忘れをなくしたい、と設定した。
 ブレーキカバーを作成し、使用して頂いたことが他利用者様が興味を抱き、良い影響を与えることができたのではないかと指導して頂いた職員の方に言っていただいた。
 今回の実習で個別援助計画の立案・実施を行い、利用者のニーズを見出すことの難しさを実感した。 また、個別援助計画を実施していくなかでうまくいかないことや、なかなか思うように計画が進まないこともあったが、何度も試行錯誤を繰り返した結果、 成功に繋がったことで利用者と共に喜びを感じることができた。利用者の生活は日々変化していることを忘れずに、 利用者本位のニーズを的確に把握し支援に繋げていきたいと思う。そして、自分白身が成長していける介護福祉士を目指したい。



事例研究テーマ


領  域 内  容
コミュニケーション 回想法、屋内・屋外散歩、(懐かしの歌、童謡)、コミュニケーション実践、
学習療法、話し相手、レクリエーション参加支援など
心と身体の癒し アロママッサージ、フットケア、手浴・足浴、ホットアイマスク
自立支援 食事の自立、起立歩行訓練、体操、お手玉(手指機能の向上)、
生活環境整備など
日常生活の活性化
(生きがい)
折り紙、カラオケ、歌、朗読、散歩、塗り絵、手芸・刺繍・刺し子、手編み、
棒編み、書道、学習療法、お手玉作り、レクリエーション参加支援、園芸、
生け花、アロママッサージ