ホーム > 学科・コース > 取得可能な資格

取得可能な資格・免許


取得できる資格・免許等


生活創造学科 栄養士コース
 
栄養士免許 学校・病院などの集団給食施設で食品の栄養分析、カロリー計算をし、献立を作る。 食生活の面から健康を守る。 病院・学校・事業所などの専門技術職として大きな役割を担っている。 3年間の実務経験の後「管理栄養士」受験資格が得られる。
フードスペシャリスト 食に関する高度な専門知識を身につけ、健康・栄養や食の安全性に関する情報を消費者に提供する食の専門職に与えられる資格。
社会福祉主事任用資格 都道府県や市の福祉事務所に勤務して、福祉を増進する仕事に従事する。 都道府県や市の地方公務員となることが前提となっている。 社会福祉行政の中枢を占める専門職員である。


生活創造学科 ビジネス・医療秘書コース
 
医療管理秘書士 病院組織における管理者・病院長・副院長・診療部長・診療各科医局長・診療補助部門医局長が本来の業務に専念できるように援助し、秘書業務を行う上級事務職員資格 である。医師事務作業補助者としての活躍が期待できるため、就職にも有利である。 県内の大学・短大では、本学だけが(社)医療教育協会の教育指定校となっている。
病歴記録管理士 各患者の記録を収集・整理・管理・分析を行い、医療の結果やその仕組みを評価・判 断し、該当する部門へフィードバックするという、新たな医療事務職を目指す資格で ある。医療機関で求められている診療記録管理者として働くためにも有利な資格であ る。県内の大学・短大では、本学だけが(財)日本病院管理教育協会の教育指定校と なっている。
秘書士 秘書実務・事務管理などのビジネス事務、オフィスでのコミュニケーション技術を修得した人を対象に認定される。 業種や職種を問わず、就職の際に非常に有利な資格である。
社会福祉主事任用資格 都道府県や市の福祉事務所に勤務して、福祉を増進する仕事に従事する。 都道府県や市の地方公務員となることが前提となっている。 社会福祉行政の中枢を占める専門職員である。


生活創造学科 介護福祉士コース
 
レクリエーション・
インストラクター
レクリエーションに関する入門的な資格で、人と人との楽しい交流を促進させる技術を学ぶ。 いわば、遊びを多く身につけた「遊びの達人」であることを証明する資格である。 イベントを企画し、組織育成も推進する。 幼稚園・保育園をはじめ高齢者や障害者の福祉施設で就職する際にたいへん有利である。県内の大学・短大の中で、本学は先進校である。
社会福祉主事任用資格 都道府県や市の福祉事務所に勤務して、福祉を増進する仕事に従事する。 都道府県や市の地方公務員となることが前提となっている。 社会福祉行政の中枢を占める専門職員である。
福祉住環境コーディネーター 高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーの資格。医療・福祉(福祉用具を含む)・建築について幅広い知識を身に付け、他の専門職と連携して適切な住宅改修プランを提示する。
全国手話検定 手話学習者のコミュニケーション能力をレベルに合わせて認定する検定試験。「手話の知識だけでなく、面接委員と手話で会話することにより、ろう者と会話でどの程度コミュニケーションができるのか」を評価認定する。レベルは1級~5級まである。コミュニケーション能力が問われたりする検定であり、「手話通訳」とは異なる。


幼児教育学科
 
幼稚園教諭二種免許 幼稚園の先生になるために必要な資格で、所定の講義や実習を受講し、単位を取得すると免許状を得ることができる。 本学には、附属幼稚園が隣接されているので、いろいろな機会に、子どもたちと接することができる。
保育士資格 保育所、児童養護施設、障害児施設などで保育士として働く場合に必要とされる資格。 所定の講義や実習を受講して単位を取得すると、卒業と同時に資格を得ることができる。 近年の少子化対策や子育て支援政策を支える人材として、将来性が期待できる資格である。
レクリエーション・
インストラクター
レクリエーションに関する入門的な資格で、人と人との楽しい交流を促進させる技術を学ぶ。 いわば、遊びを多く身につけた「遊びの達人」であることを証明する資格である。 イベントを企画し、組織育成も推進する。 幼稚園・保育園をはじめ高齢者や障害者の福祉施設で就職する際にたいへん有利である。県内の大学・短大の中で、本学は先進校である。
社会福祉主事任用資格 都道府県や市の福祉事務所に勤務して、福祉を増進する仕事に従事する。 都道府県や市の地方公務員となることが前提となっている。 社会福祉行政の中枢を占める専門職員である。


受験資格が与えられる資格・免許等


生活創造学科 介護福祉士コース
 
介護福祉士 介護についての専門的な知識と技術を持って身体上・精神上、障害のある人に対して、入浴・排泄・食事・その他の介護を行い、並びに本人およびその介護者に対し、介護に関する指導を行う。 ホームヘルパーと違い、国家資格であり、高齢社会をささえる介護のスペシャリストとして需要はますます増えている。