ホーム > 学科・コース > 生活創造学科 栄養士コース > 卒業生の声

卒業生の声 生活創造学科 栄養士コース

長崎女子短期大学での学びを経て、社会で輝く卒業生たちを紹介します。




「ありがとう」「おいしかった」が私の励み  
食材などの発注や在庫管理、伝票計算、献立票の作成や厨房業務などを行っています。栄養士は、現場の責任が伴っておりプレッシャーを感じることもありますが、調理員さんが「ありがとう、助かったよ」と言ってくださった時や、利用者様から「おいしかった」や感謝の言葉を頂いた時に、やりがいを感じます。
 
生活創造学科栄養士コース (2015年度卒業/口加高等学校 出身)
 





 

子どもたちの満足そうな顔での「おいしかった!」が
やりがいを感じます
 
いちばん大事なことは、一人ひとりの園児の体質を把握しておくことです。特に最近はアレルギーを持っている子が少なからずいますので、食材の成分やアレルギー物質には細心の注意を払っています。最初のうちは慣れないことも多く、戸惑うこともありましたが、園児の満足そうな顔を見て、「よかった!」と思って、自信を持つことができました。
 
生活創造学科栄養士コース (2012年度卒業/五島海陽高等学校出身)