ホーム > 学科・コース > 幼児教育学科

幼児教育学科

教育方針


子どもたちの感性を受けとめ、やさしい心を育む保育者を養成します。

保育者とは、子どもの「理解者」であり、「援助者」でもあります。
幼児教育学科では、子どもへの理解と援助のために必要な技術・心情・態度を学び、皆さんが現場での即戦力になることができるよう支援します。
写真





取得できる資格

幼稚園教諭二種免許、保育士、レクリエーション・インストラクター、社会福祉主事任用資格

特徴



実践を重視した教育内容

保育現場に活かせるように、実践を重視した科目を取り入れています。子どもを理解するために保育の基礎理論をしっかりと学び、子どもと楽しむために運動遊びや歌、ピアノ、造形表現などの基礎技術を修得します。さらに、隣接する附属幼稚園で子どもの様子を観察したり一緒に遊ぶことにより、子どもや保育者の仕事について理解を深めていきます。



保育者に求められる基礎力の育成

保育者に必要な明るい笑顔や元気なあいさつ、子どもや保護者と会話するためのコミュニケーション力などを、学生生活の中で身につけます。また、恵まれた教育環境の中で、自然への興味・関心を高め、感性を育むことで、他者への気配り、状況を把握するための観察力なども養います。



重層的な学生支援

学生自身が自分の将来像を描くことができるよう、複数の教員の連携により学生生活を多面的に支援していきます。チューター(担任)が学業や進路について個別支援を行うほか、授業担当教員、学外実習担当教員、卒業研究(ゼミ)担当教員、就職担当教員などが連携をはかりながら学生の自己実現をめざして指導助言を行います。