ホーム > 学科・コース > 幼児教育学科 > 卒業生の声

卒業生の声 幼児教育学科

長崎女子短期大学での学びを経て、社会で輝く卒業生たちを紹介します。




大切なのは努力を怠らず一生懸命取り組むこと!  
年少クラスの担任として、子どもたちが楽しみながら成長できるように保育計画を立案し、実践しています。大変なことが多いですが、努力を怠らず一生懸命取り組むことが大切ですね。子どもたちからハグされたり「先生大好き!」と言われたりした時に、うれしく思い「一生懸命取り組んできてよかった」と思います。
 
幼児教育学科 (2015年度卒業/長崎商業高等学校出身)
 





 

子ども達と共に成長できる やりがいのある仕事  
保育園で1歳児の担任をしています。16人の元気いっぱいの子ども達と毎日過ごしています。子ども達が嫌いな食べ物を食べたり、ズボンを一人ではくことができたり、一つ一つができるようになることの喜びを一緒に共有できる、とてもやりがいのある仕事です。園児は歌うことや手遊びが大好きなので、歌や手遊びのレパートリーをたくさん覚えておきましょう。
 
幼児教育学科 (2014年度卒業/長崎明誠高等学校 出身)