無題.jpg

3月15日(木)、第45回卒業証書・学位記授与式が本学体育館で行われ、206名が学び舎をあとにしました。また、介護福祉養成科10名の修了式も併せて行われました。

学長からは,本学の学訓である尽心創造実践を心に刻み、自己実現を果たしてほしい、とのはなむけの言葉がありました。
 また、長年本学の発展に尽くされた故小島兼雄先生からの浄財を基金として設けられた賞である小島賞が、理事長より学友自治会役員に送られました。
 生活科学科介護福祉専攻の岩田さんは答辞にて、社会人入学ということもあり数年ぶりの学生生活を送る事に不安があったが、先生方や友人に恵まれ介護福祉士の資格を取得し卒業することが出来た、これからも生涯学び続けていく姿勢を大切にしたいと述べられました。
 

 短期大学士の学位を得てのご卒業、おめでとうございます。