ホーム > ニュース・イベント情報 > 受験生の方へ > 長崎東中学校で講演 栄養士コース玉記講師

長崎東中学校で講演 栄養士コース玉記講師

11月28日、本学栄養士コースの玉記講師が、県立長崎東中学校において『長崎から国際保健を考える』という演題で講演を行いました。

同中学校は、スーパーグローバルハイスクールに指定されている長崎東高校との中高一貫校であり、将来は国際的な分野でリーダーとなる人材育成に力を入れています。

 

講演では、JICAや東北大での長年の途上国における感染症研究の経験を共有し、参加した中学生たちからは多くの反響がありました。

その後の有志による食事交流会では、純粋で志の高い生徒たちに将来の大きな可能性を感じることができました。

 

H30.12.27_玉記先生講演.jpg

 

また、この講演後同高校から依頼があり、高校3年間にわたって実施する国際医療保健研究活動へのアドバイザーとしてサポートすることが決まりました。

12月18日の中間発表会では、8グループの英語のプレゼンテーションに対して、英語での質疑応答や討論が実施されました。