授業再開のお知らせ

 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から全国に出されていた「緊急事態宣言」は、約1か月間延長されましたが、本学においては下記のように段階的に授業を再開することといたしましたので、お知らせします。

 なお、学内外におけるマスクの着用、手指消毒の励行、登下校時の「3密」の解消等については、これまで以上に徹底してまいりますので、皆様のご理解・ご協力をお願い申し上げます。

 

 

1.授業再開日

 

  〇5月11日(月)~  幼児教育学科2年生

  〇5月18日(月)~  幼児教育学科1年生及び生活創造学科1・2年生

 

2.授業再開の理由

 

 ①短期大学は、四年制大学に比べ修業年限が短く(本学の場合は2年間)、学習内容の先送りには限界があり、これ以上の休校措置はできないと判断しました。特に、保育士・幼稚園教諭二種・栄養士等の免許、資格を付与するためには、目前に迫った学外実習への指導は不可欠であり、指導に要する時間の確保が求められています。

  

 ②一部の科目においては、休校に入った段階で「遠隔授業」を採用しましたが、実習や演習を伴う科目においては、「遠隔授業」だけでは学習成果の目標に到達できない恐れがあり、対面での授業が必要であると判断しました。

  

 ③長崎県教育委員会から県立学校における授業再開について、本土地区の学校においては、5月22日(金)までは「分散登校」を実施して登下校時等の「3密」を回避する等の方針が示されたことも参考としました。

 

以上